西宮でワキガ治療を受けてみた

保険診療が認められている方法

汗をかくと独特な脇汗臭保険診療が認められている方法悩みを根本的に改善することが出来た

今回相談したクリニックでは、保険診療が認められている方法と自費診療となる方法のどちらかが選択できるようになっていて、自費診療は切開をしないことで傷跡を残さない「ミラドライ」という施術もありました。
ただできるだけ費用は抑えたいと希望したので、保険診療が認められている「皮弁法」と呼ばれる方法で治受けることになりました。
実際に施術を行う上でどんな方法なのかある程度理解しておかないと、後でトラブルが起こった時に怖いと思い皮弁法をチェックしてみましたが、脇を中心にシワに沿って数センチほど切開してから、直接汗を分泌する汗腺を除去するという非常にシンプルな手術方式でした。
この方法の最大のメリットはワキガに対する効果が最も高いと言われており、汗をかく汗腺を取り除いてしまうので併発しやすい多汗症の施術としても効果が得られるとわかり、確実に自分の悩みを解決できると判断して施術を受けることに決めました。
手術後は傷口を縫合しているので、術後2日目は外来通院を行いその後7日後に抜糸を行いました。
傷口が化膿しないように術後2週間は安静にしてく必要がありましたが、実際は脇に直接刺激を与えなければ手術当日でも問題なく日常生活をおくることができたので、あまり不自由を感じませんでした。
ただ激しい運動をするのは控えろと注意されたので、日課の運動は避けて静かにしていたので腫れや痛みもそこまで強くなくきれいな仕上がりになったので、今回相談したクリニックで手術が受けられて安心しています。